山形県の通信制高校はアルバイトしたり働きながら学校行っても大丈夫?

山形県の通信制高校はアルバイトしたり働きながら学校行っても大丈夫?

山形県の通信制高校はアルバイトしたり働きながら学校行っても大丈夫?

私は山形県の高校に通っていますが、学校の校則を破り自宅謹慎中です。というのも母子家庭で生活していてお母さんが無理して働いているのをみて私もアルバイトをしたのですが、校則では禁止されていてそのバイトが先生にバレてしまい・・・

 

自宅謹慎の間に考えたのですが、学校の校則はルールなのでどうしようもありません。
それであれば学校を転校して自分で学費を払っていこうと思うのですが、通信制高校でもアルバイトは禁止されていますか?働きながら学校いけるのが私の家庭環境では一番なのかなーと思っています。

 


通信制高校ではアルバイトをしながら通っている人がたくさんいますよ。禁止している学校は公立・私立に関わらず、まずないでしょう。
自分で学費を払っていかれるということなので、まず私立と公立の学費の違いをおおまかに見ていきます。

 

 

公立・・・入学金:500円
     授業料:300円/単位
     この他に教材費、生徒会費などの費用が必要

 

 

私立・・・入学金:2~5万円
     授業料:6000~8000円/単位だが学校や専攻によって変動有
    その他に教材費や施設使用料などが必要

 

 

公立高校だと費用が安く、自分で学費を・・・と思われるのであれば、公立の方が良いかもしれません。

 

山形県には山形県立霞城学園高等学校と山形県立鶴岡南高等学校の2校があります。

 

霞城学園高等学校は公立にはめずらしく普通科の他に服飾科があります。定時制高校も併設されているのですが、通信制に通いながら午前・午後・夜間の定時制の単位も取得することができるので、自分の都合の良い時間に通う事ができますね。転入の場合も前の学校の単位をほぼ全単位を認定してくれるので、今まで通っていた分も無駄にならずに済みますね。

 

 

鶴岡南高等学校は庄内地方で唯一の通信制高校です。スクーリング(登校して先生に直接指導を受けること)は月2回程度、日曜日に行われます。夜間学習指導や個人学習指導もあり、勉強で分からないこともサポートしてくれるので安心ですね。設置学科は普通科ですが、工業科目・家庭科目・商業科目といった専門科目も選択することができますので、卒業後の為にも資格取得を目指してみてもいいかもしれませんね。