和歌山県の通信制高校で単位を取るのはわかるけど勉強がついていけるか心配

和歌山県の通信制高校で単位を取るのはわかるけど勉強がついていけるか心配

和歌山県の通信制高校で単位を取るのはわかるけど勉強がついていけるか心配

 私は和歌山のおばあちゃんの家で育ちました。学校には友達がいてとっても楽しくて小学生までは勉強が理解できていたのです。

 

しかし、中学校に上がってから授業についていけず授業中も寝てすごしている状態です。先日、先生からの呼び出しで進路の高校について聞かれましたが、何も考えていません。ただ母親は高校まで行った方がいいと言っていたので頑張って行こうと思っているのですが、夜間学校は嫌だし・・・。

 

そういえば・・・「通信制高校の場合は、単位をとれれば卒業できるぞ」と先生から聞いたのですが、こんな私のような勉強が苦手でも授業についていけるのでしょうか?

 


通信制高校には、あなたのように勉強面に不安がある人が多く通っていますので安心してくださいね。

 

私立の通信制高校では特に学習サポートに力を入れている学校もたくさんあります。学校によって違うのですが、一人ひとりのレベルに合わせた個別指導やカリキュラムが用意されている場合が多いです。時には中学校レベルにさかのぼって指導してくれたりするんですよ。

 

それでもまだついていけない、単位取得に不安がある場合は「サポート校」に並行して通う方法があります。「サポート校」とは通信制高校に通う生徒に対して、3年間で卒業できるように精神面や学習面での支援をしてくれるところです。いわゆる「塾」や「予備校」のようなものです。しかし、授業料がいるのでその分経済的負担は増えてしまいます。

 

サポート校への入学は随時受け付けているので、通信制高校に通い始めて様子を見てからでも遅くありません。自分の必要なサポートを選択し、賢く高卒資格を取得してくださいね。