東京にある都立通信制高校の特徴をしりたい

東京にある都立通信制高校の特徴をしりたい

東京にある都立通信制高校の特徴をしりたい

私は母子家庭で育っているので親に負担をかけたくないのでアルバイトをしながら高校は都立通信制高校を考えています。

 

私の住んでいる東京には沢山の高校がありますが、選び方がよくわかりません。それぞれの特徴があるとおもいますが、都内にある通信制高校にはどのような学校があるのでしょうか?とりあえず高校卒業だけはしておきたくて・・・

 


都立の通信制高校は、一橋高等学校(千代田)、新宿山吹高等学校(新宿)、砂川高等学校(立川)の3校があります。
学費は入学金が500円、授業料は単位につき336円×履修単位数です。
またこれ以外に学校ごとに決定した修学旅行等積立金、生徒会費、PTA会費などの学校徴収金があります。ですが、学費の支払いに不安がある場合は世帯の収入に応じて高等学校等就学支援金制度を利用することができる場合もありますので安心してくださいね。

 

ただし、私立に比べ公立(都立)は学費が安いですが、その分サポート体制が少なく自分自身で勉強したりレポートを提出していく必要があります。1年で30単位登録の場合、年間で約80通程度のレポート提出があるようです。

 

学習も各自で進めていかなければならないので、NHK教育テレビやNHKラジオ第二放送で放送されているNHK高校講座を利用している方も多いようです。