通信制高校を卒業することと「高認」は違いますか?

通信制高校を卒業することと「高認」は違いますか?

通信制高校を卒業することと「高認」は違いますか?

 よく高認という言葉を聞くのですが、通信制高校の卒業と何が違いますか?
将来的に進学を考えているものの難しい用語が多いのでよくわからないです。

 

高認の方が大切なら優先して頑張りたいと思いますし通信制高校の方がよければそちらを優先したいと思います。
いまはまだ中学なので将来のことを考えるためにも教えてください。

 


「高校卒業資格」と「高認(高等学校卒業程度認定試験)」は名前は似ていますが、実際は全く異なります。

 

「高校卒業資格」とは文字通り高等学校を卒業したことを表します。

 

学校教育法で定められた高等学校で、
①3年以上の在籍②74単位取得②特別活動30単位時間の条件を満たすと卒業資格を得ることができ、最終学歴は高卒となります。

 

「高認(高等学校卒業程度認定試験)」は高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定する試験です。合格者には大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。

 

また就職・資格試験等にも活用できる場合があります。ですが、高認試験に合格しても進学しなければ履歴書上の最終学歴は中卒のままです。

 

どちらが良いとは一概には言えませんが、高校に通って高卒資格を取った方が多様な未来に対応できます。例えば進学せず就職する時には、いくら高認試験に合格しているからといっても最終学歴が中卒であることで大きなハンデをおってしまいます。

 

必ず進学するという強い意志があるのなら、予備校に通いながら高認試験と入試の勉強をしていくのも選択肢の1つですが、まだ自分が何をしたいか、何になりたいかが決まっていないなら高校に通いながら将来の方向性を在学中に探していくと良いかもしれませんね。